雨水貯留浸透技術評価認定制度

本制度は、民間における雨水貯留浸透技術の研究開発を促進するとともに、雨水貯留浸透技術の建設事業への適正かつ迅速な導入を目的として平成8年6月にスタートしました。
協会は、評価認定の申し込みがあった技術を評価認定委員会(雨水貯留浸透技術に関する学識経験者で構成される)で審査し、認められた技術に対し、(公社)雨水貯留浸透技術協会会長名の評価認定書を発行いたします。

担当:屋井(おくい)


実施要領


受付け審査基準

この基準は、申込みのあった雨水貯留浸透技術に対して評価認定対象の適否を判断するために定めるものである。

  1. 要領第2条に定められた雨水貯留浸透技術であること。
  2. 使用実績をもつもの(試験的に供用した場合も含む)。
  3. 技術向上に寄与するものであること。
  4. 建設事業において市場性のあるものであること。
  5. 技術内容を全て評価認定委員会に提出できるものであること。
  6. 違法性のないものであること。
  7. 技術内容の審査のため、評価認定委員会が指示する試験等を申込者に負担により実施できるものであること。
  8. 評価認定委員会が指示する試験に相当する程度の試験成果の蓄積があり、審査に著しく労力、時間、経費を要するものでないこと。
  9. 技術に関するマニュアル類(施工アニュアル、維持管理マニュアル、品質管理マニュアル等)の整備がなされているものであること。
  10. 社会的信用の高い法人が開発した技術であること。


  • 評価認定状況 (2021年4月1日現在)
    ※認定番号及び認定名称をクリックすると認定書PDF(概要版)が、認定取得者をクリックする取得者の情報ページが開きます。

     

    SSBB槽 SSBB タキロンシーアイ 明治ゴム化成 アクアプラ工法 積水テクノ成型 ニュートレンチ工法 ニュートレンチ工法 MA-1工法 アロン化成 城東リプロン プラダム工法 秩父ケミカル ハイドロスタッフ工法 クロスウェーブ工法 日東商事 ジオプールAE-1工法 IHIインフラシステム ジオキューブ工法 トーテツ アクアパレス工法 クボタケミックス リス興業 スタジアム工法 タキロンシーアイ レインセーブN工法 エバタ エバタ雨水貯留浸透工法 セルプレイン工法 鳥居化成 秩父ケミカル ニュープラ工法 天昇電気工業 テンレイン・スクラム工法 物林 USTシステム セル型構造地下貯留槽 トーテツ プラント・ツリース スーパージオ工法 松岡コンクリート工業 ハニカムボックス工法 ミニゲート工法 NT式X型雨水協会貯留槽 日東 ベルテクス M.V.P-Light工法 ハニカムボックス工法 松岡コンクリート工業 鶴見コンクリート ツルミ式遊水池 NT式I型雨水貯留槽 日東 ベルテクス M.V.P-Deep工法 RCプレキャスト部材組立式雨水貯留施設 ベルテクス 東邦レオ J・ミックス WT工法 タケウチ建設 EGSM工法 スピーダーレンタル GAINA・RI・システム サムシング 城東リプロン JSドレーン工法 エコマックス工法 エコマック エコブロックBiz工法 日本道路 小松マテーレ 佐藤渡辺 パーミヤコン・パーミヤストーン 林物産 中川ヒューム管工業 コンタイブロック工法 共和コンクリート工業 プラックス工法 ロイヤルタウンみずき野雨水貯留浸透システム

    トーテツ トーテツ 除塵管理桝 ベルテクス OKザールフィルター オーイケ エバタ ぶんりゅうⅡ型 エバタプラスチック製パネケーブ沈砂槽 エバタ 雨水貯留製浸透品工業会 シントーホール 雨水貯留浸透製品工業会 シントー側溝 ハニカムトレンチ エバタ もやいドレーン 吉原化工 泰成興業 関西ポラコン 雨水貯留浸透製品 2重管JSドレーンプラス サムシング 城東リプロン グリーンアクアミックスV・K 東邦レオ 雨水貯留深奥機能付き植栽基盤材 東邦レオ 東邦レオ パワーミックスV・K 透水セル ボストンファームⅡ インターファーム 帝人 秩父ケミカル 共同カイテック スクエアターフ 洪水無用 日本興業 バリアフリーベーブSI ハイドロスタッフ工法越流桝 城東リプロン グランドセル 東京インキ

    ◇評価認定の有効期限表示について◇
    2019年5月1日の改元に伴い、それ以前に作成された認定証書に記載された期日に関しては、
    以下の様に読み替えて頂きます様、お願い致します。
     平成33年 ⇒ 令和3年(2021年)
     平成34年 ⇒ 令和4年(2022年)
     平成35年 ⇒ 令和5年(2023年)
     平成36年 ⇒ 令和6年(2024年)